できるだけ長く働くためには健康管理は大事

睡眠不足はなくしたい

銀行や保険会社で仕事をする場合、決算時期や売上強化月間のような繁忙期があります。時には日夜問わず仕事をする場合があり、睡眠不足に陥る人もいるはず。睡眠不足となれば、パフォーマンス低下以外に健康面でもマイナスとなりやすい問題です。

できるだけ睡眠時間を確保するのは大事ですが、難しい場合は短時間の睡眠を複数回とる多相性睡眠を行うのはいかがでしょうか。疲労回復や集中力アップにも繋がれば、仕事で成果が出る可能性はあります。

とはいえ、多相性睡眠が続いたり仕事での負荷が蓄積されたりすれば、健康に支障をきたしかねません。たとえ繁忙期であっても、日時を決めてまとまった睡眠時間を確保するようにしましょう。その際にバランスの良い食事の確保や適度な運動をするのも、睡眠の質向上ができるのでオススメです。

心理や精神面のケアを図る

金融業界は高い専門性を活かせる仕事であることや高収入を得られるなどのメリットはありますが、心理面で負荷が大きい仕事です。高い緊張感の中で仕事を続けると、却って鬱などの症状が出やすくなります。

売上目標などに捉われすぎても心理面の負荷が大きくなるうえ、仕事も知識や理論先行型になりかねません。その状態に陥ると成果を出すのが難しいでしょう。

自分に合った趣味や楽しみを見つけて気分転換ができれば、心理や精神面における負担が減る可能性が高まります。特に人との出会いが好きな人であれば、交流を深めるのも1つの方法。知見が拡がり接客の仕事に活かすことができると、成果に繋がるのではないでしょうか。最初は思うようにいかないかもしれませんが、さまざまな方法を試すときっと自分に合ったストレス解消法が見つかります。