保険会社で働く場合に押さえておくと良い情報

国内保険会社で働く場合

国内には老舗の保険会社をはじめ複数の会社があります。国内保険商品の強みは、月額費用は掛かりますが手厚いサポートを得られやすいこと。近年では病気に掛かるリスクを防ぐための健康増進活動を評価して、保険料の割引や特典が得られる商品も。各種お客さんに販売をする際、商品説明も大事ですが前向きに健康増進に取り組むことができるサポートも必要となるでしょう。

また、保険商品の中には月々の保険料支払いをしたうえで、年数の条件をクリアすれば支払った保険料以上の払戻金が受け取れる貯蓄型の商品もアリ。老後の資産形成を目的で加入する人もいるので、ライフプランに合った商品説明やアドバイスができるスキルも持っておくのをオススメします。

外資系保険会社で働くなら

近年では外資系保険会社も増えており、保険料金が低いのをウリにしている会社はあるかもしれません。外国語のスキルが不要な会社は多く、語学に自信が無くても心配ありません。また、販売員ではなくコンサルタント業に近い傾向。お客さんに合った商品販売以外に、それを通じて中長期的な生活設計にも答えられるスキルを持つ人の方が向いている可能性はあります。

外資系保険会社の中には成果主義の傾向があり、給与が完全歩合制の場合も。固定客がいたり新規の契約が多くとれたりする人だと高収入が得られる可能性は高く、長期間働くこともできるはず。一方、仕事を続けると成果が出ない期間はあるでしょうが、動じないで仕事をする精神力は必要です。

他には、外資系保険会社同士でヘッドハンティングが日常的にあるようです。高い実力を持つ人は収入以外にキャリアアップもしやすくなるでしょう。