おすすめリンク

建築パースを作るお仕事とは

建物のイメージを図る上で重要なものとして使われる建築パースを作るお仕事とはどんなものでしょう。

日本語しか分からない方でも始められる海外FX

外国語が分からないから海外FXは無理だと諦めていませんか。日本語しか分からなくても大丈夫なのです。

診察券やカードが多い方にオススメのお財布とは

診察券やカードでお財布がパンパン。そんな方に使い勝手の良いお財布の選び方をレクチャーします。

銀行への就職希望する際に知っておくのがオススメな内容

金融業界の仕事は高収入であったり、融資や金融商品の販売を通じて高い社会貢献ができたりするのをイメージする人はいるかもしれません。金融業界の仕事は複数ありますが、このサイトでは銀行と保険会社に絞ってまとめました。向き不向きを把握したうえで、自分に合った就職先を見つけるのに繋げましょう。

銀行であれば、個人以外に事業経営者などさまざまな人と接する機会があります。大手や地方銀行などで対象のお客さんは異なりますが、一人ひとりに合った金融商品の販売や資産経営におけるアドバイスをするのが主な仕事。

保険会社の場合、生命保険や医療保険といった商品の販売や保険支払いの手続きだけでなく、個人年金保険の販売や資産形成のアドバイスが求められることも。単に商品の販売をするのではなく、中長期的な視点からお客さんのライフプランをサポートする洞察力は必要となるでしょう。

一方、売上目標を設けている会社であれば、それを達成できないと肩身が狭い思いをするかもしれません。また、売上目標達成の評価にシビアな会社だと契約してもらえない可能性も。毎月新規契約をとるのも必要ですが、長く活躍するにはお客さん一人ひとりに合ったアドバイスをするためのスキルアップも欠かせません。日々の勉強を通じて知識を深める以外に、FPや投資診断士のような専門資格取得ができれば、仕事をするうえで1つの武器になるのが期待できます。

他には、異動がある可能性も。保険会社の代理店だとそれが無いかもしれませんが、地方銀行であれば各支店への異動があります。全国展開する銀行や保険会社となれば、県レベルでの異動も。その点も、就職活動をする際の参考になるでしょう。

銀行と保険会社における仕事内容を把握して向き不向きを考える

銀行に就職希望を考えている人向けに、仕事内容や生活について紹介します。個人のお客さんへ預貯金やローン商品、保険商品の販売を行うのも仕事の1つ。また、企業へのアドバイスや融資提供も。他には、銀行へ就職した場合の生活についてイメージを深める作業もしましょう。

保険会社で働く場合に押さえておくと良い情報

近年では国内以外に外資系の保険会社も増えています。各社で魅力的な商品が多く、その契約を得るのも大事な仕事かもしれませんが、保険会社で長く仕事を続けやすくするためには幅広いスキルが必要です。ここでは、保険会社で働く場合に知っておくとタメになる情報を紹介します。

できるだけ長く働くためには健康管理は大事

銀行や保険会社でできるだけ長く働くには、売上ノルマの達成や顧客から信頼を得るのは大事。しかし、心身の体力面で負荷が大きい仕事です。長く続けるためには、自分自身のケアをする作業も必要なのではないでしょうか。いくつかポイントを押さえて、心身の健康に繋げるようにしましょう。